メルカリの受け取り評価はすぐにしては駄目な理由

その反応は、メルカリのガイド「十分にある質問と答」のセンタにあります。
該当する見出しは以下の3つです。

運賃込みの人気商品が着払いで届いた
偽物が届いた
説明文と違う/不備のある目玉が届いた

1.運賃込みの商いものが着払いで届いた
これは言うまでもなく、話が違うということです。

仮にこんな頭が上がらないにあってしまった切っ掛けは、受け取らずに請取拒否することをおすすめします。引き取り拒否をすれば残品は送り主に戻り、料金は出品者の月払いになります。

しかし、メルカリには貨物輸送込みの出品が浜の真砂ほどせいか、料金負担が購入者になっていた「幕」の勘違いなども頻発しているようですので、購入時にはしっかりと確認したい立所です。

製品を検索する時には、「念の入った検索」から「配送料の負担」を「運賃込み」で絞り込みができますので利用すると妙妙たるかもしれません。


2.偽物が届いた
偽一流品などが届いたひょっとすると、受領評価は変更不能のにし拍子抜けことです。

世に世に出品者が偽物だと承知のうえで取引していた節、優によこしまで(という元の鞘に納まるものぞき見ですが)、歯牙にもかけないとのやり取りだけで解決するのはきついでしょう。

受容れ評価さえしなけば、対者が話し合いに応じなかったり、無視されたりした「幕」に、メルカリ手近なで返金などの対応してくれることもあります。

コピー品かどうかは、しっかりと確認するようにしましょう。


3.説明文と違う/不備のある特売品が届いた
品物が違ったり、海産物景況が説明と違うなどの場合です。

この「幕」も受け取り評価はしゼロことです。
単純な根拠があれば、ノークレームノーリターンなどの文言が説明に書かれていても、メルカリの規約ま上は無効です。

動作確認が用事な家電品や腕比べなどは、ことに注意したいですね。
そういった売れ筋を購入する時は、動作確認ができる「造作ない」のある日時に指定配送して貰うとしっかりと確認することが出来ます。